印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



大阪府寝屋川市明徳2-10-18
tel 072-823-8221
予約制

 HOME > 無痛治療 > 嘔吐反射の強い方へ

無痛治療/笑気ガス/嘔吐反射/歯科治療恐怖症について

     本気で書きましたので少々長い文章です...  m(_ _)m

嘔吐反射の強い方へ


実はとても多いんです。
歯科治療時の嘔吐反射で困っていらっしゃる患者さんが...

歯科治療の際に「吐き気がする」「えずいてしまう」嘔吐反射の事を、
専門的には「異常絞扼反射」(Gagging Reflex : 以下 GR )と呼びます。

GRは一般的に、
「型どりの時に吐き気がする」
「奥歯のレントゲンを撮影する時に苦しい」などの典型的な症状がみられますが、

症状のひどい方になると
「前歯をさわられるのも気持ち悪い!」
「歯科用の鏡が口の中に入るだけで(どこにも触れていないのに)気持ちが悪い!」
「歯科治療を想像するだけで吐き気がおこってしまう!」といったこともあります。

一般的なGRの対処法としては、

1. 治療を受ける姿勢は,水平位(寝た状態)ではなく,座位(座った状態)を保つ。
2. 治療の間できるだけ他のことを考える。
3. 型どりやレントゲン撮影の際には、出来るだけ下を向き、出来るだけゆっくり鼻で呼吸する。
4. 腹筋に力を入れる。
5. 足を上げる。
6. みぞおちを親指で強く押す

  などの方法があります。

少し難しい話になりますが、GRには3つのニューロンが関係しています。
1次ニューロンである延髄を、上記の4・5・6の方法で刺激することで軽い呼吸抑制がおこり、神経学的にもGRがおこりにくくなります。

しかし、このホームページにたどり着かれたの方の多くは、これらの方法をすでに試されてもダメだったのではないでしょうか。


本来の嘔吐反射が生理的な防御反応であるのに対し、歯科治療でおこるGRは、治療に対する不安や恐怖心など心理的な要因によって引きおこされます。その証拠に、どんなに重度のGRの方でも、ご飯は普通に食べることができます

つまりGRは心理的な要因によって引きおこされますので、気持ちを落ち着かせることによって症状を抑えることが可能です。


浅井歯科医院では、笑気による精神鎮静法を行うことで、気持ちをリラックスさせGRの症状を抑えた状態で治療を受けていただけます。(健康保険適用です)
GRでお困りの方はどうぞ一度ご来院ください。

 笑気に関する詳しい説明は 、
  上欄の「無痛治療ノススメ」、「笑気ガスについて」 をご参照下さい。


  当院のHPの文章を改変し、無断で自院のHPに掲載されている歯科医院さんを見かけます。
  無断転載は法律により厳重に禁止されております。転載を希望される方は必ずご一報ください。
  浅井歯科医院では、2002年に無痛治療および笑気ガスの原文を掲載いたしました。
  2002年以降に類似した文章を無断で記載しているサイトは重大な著作権法違反であり、
  法的措置の対象となります。